心屋さん的考え方 仕事

心屋さんの言っていることってなんかすべて自分のためだし、自分がなんでも決めていい、って自分が幸せになることが先決だってのが、いい。

それで例えばつらいこととかあってもそれは自分のためにやっていると思えば、なんかよくわからない他人のためにやっていると思うよりずっとやろうという気持ちは起きると思う。いざとなったらなんでも自分が決められるという感覚があると。

生きることとか仕事をすることが辛く苦しいことでないんだよ。すごく楽しいことなの。いつも神経をすり減らしているような、ため息をつきながらお金のために仕方なく、という仕事の仕方でないの。今やお金も満足にもらえなくなってきたんだから、お金のために仕方なくってのも強制力にならなくなってきてる。

それはみんな自分のためだし、それはひいては周りの人に影響を与えていく。

周りの人を緩ませていったりする。

 

だから楽になる、こういう生き方がしたい。

こういう生き方で生活したいし、一生を送りたいと思うんだ。