全て、じゃなくていい

kataduke-l.com

 

 

「まるっとすべてをゆだねる。まるっとすべてを受け入れる。」

 

その人のすべてを受け入れなければならない気になっていたから辛いのかもしれない。

風間さんのことだって、風間さんの全てを受け入れようと思っていたら、いいとこも悪いとこも全部好きになろうと思ってたらやっぱりつらい。

 

その人を好きになる、というとき、つまり、人に対する判断を下すときに、

その人のすべてを好きになったり嫌いになったりしなくていいんだ。全てがそうでなければならない、と思い込まなくていい。

好きなとこ、嫌いなとこ両方あって多分それで普通。その人の嫌なとこを排除しない。

イラっとしたときは馬鹿とか言ってもいい。それでもたぶん人と人は繋がっている。そんなことぐらいで人のつながりは切れない。切れても自分から人を想ってもいい。

 

自分の好きな人を嫌いだと言った相手にも、好きなとこ、好きじゃないとこ両方あっていいし、それを私に言ってきてもいいということを受け入れよう。

 

私の好きな人が別の人にけなされているのを見るのは悲しい。馬鹿だなぁ、とか言われてたら、そうじゃないんだよ、と抗議の一つもしたくなる。

でもその人にはその人の意見があるし、だからと言ってその人が自分が好きな人を嫌いだとも限らないんだから。

 

人に対するマイナスの言葉は、よくよく考えてからじゃないと言わないようにしてきたつもりだけど、自分もその時の気分で、軽くものを言ってもいいのかもしれないね。