かざまさんの考え方 卑下と謙遜 自信

風間さんて、私みたいなものにとか、私みたいなものごときに、とかならないんだな、きっと。自分の こうありたい、こうしたい、これが欲しいという物事に関して。

いい意味で図々しいというか。

礼儀と誠意はあるけど、でも攻める姿勢はずっと感じる。

 

そこが私と全然違う。 jr時代にkinkiと歌った件も、この間の阿部さんのシャツの件も、突き詰めればそうなる。。。

 

ちゃっかりしてる図々しさ、要領の良さみたいなのがずっと。

でもそれって、自信が根本にあるからできることなんだよな。。。

人に踏み込んでいけるのもそう。

 

自信ってどうつける。。。

多分、自分のしていることを肯定できるって重要だ。これをやってみたいんです、協力してくれませんか、って。

私はやりたいことを自分で潰してしまってるから。こんなことしちゃいけないだろう、ってすることに罪悪感を持ってるから。自分で自分の想いの芽を摘んでる。

自分で自分の、やりたい、という想いの芽をいかに殺さないで実現させてやれるか。絶対できないよじゃなく、できる方法を考えてこれならできるんじゃない??っていってやれるか。出てきたことをそれをしてもいいんだよ、と自分で肯定してやれるか。たぶんそれが大切。

 

 

自分で自分を、それはダメだ、と裁いたときに、拗ねないで相手のやり方や自分のやり方を受け入れられるようになれる方法ってあるかな。

 

間違っていた時自分のやり方をすっぱり諦めて相手のやり方に従わなきゃならないと思ってるんだな、私。だから、自分がせっかくやろうとしたことが否定された気になってすねるし、ほんとに素直に覚えられないからやることも中途半端。