読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思うこと 

ほぼ日刊イトイ新聞-ダーリンコラム

 

あんなに遠くにいるように感じる糸井さんでも、コラム書き始めたばかりには自分の想いを率直に語っていたんだな。 面白そうなものがあったらそれを張り付けてお茶を濁そうなんて、あまりにもそのまま。

 

今は同じことを言うにも、もうちょっと表現が柔らかい気がする。婉曲というか。

 

 

約束と交換の考え方はいいよなぁ。約束はしなきゃいけないことじゃなくて、自分で決められることだから。やらされている時に感じる気持ちが落ちる感じがない。自分からしようと思うと同じことでも気持ちが軽く、ポジティブになる。自分には交換の考え方が足りないのかな、という気がした。何かしてもらったら返さなければ、と義務になって重くなって相手にお返しすることを嫌ってしまう感じがある。交換だったら重くならずにやれるかなぁ。

 

 

正直さを積み上げて信用をつくる。正直さを積み上げたらこんなブログに来てくれなくなるのではないか、という気がする。。。人の気を引くために何かしなければならないんじゃないか、みたいな。ちゃんと成果を出さなきゃ来てくれないんじゃないか、みたいな。すごく意気込んでいる。

 

私にとってブログに書くのは緊張することで、twitterにいるような普通の感覚じゃないんだな、と分かった。twitterはお喋りだから普段の私が出せるけど、ブログだと、構成をちゃんと読みやすいようにとか何かためになることを、と考えて肩の力が入ってしまう。

肩の力を抜いてゆるく、でも自分が伝えたいことを更新できるようになってる、と思ってみよう。

私はそういう自分を他の人に見てほしい。たぶんその時に、読んでくれる人は自分が見てほしい姿を見てくれると思うから。