自分の書く文章を広めてみて思うこと

風間さんのことも、どちらかというと、自分が分かっていればいい、という感覚なんだよな。人に知らせて見てもらいたいとかない。自分が自分の感覚を確認するために書く感じ。あとはどこかでその答え合わせが出来ればいい。

人のためにとかで書いてると、粗が気になるし、肩に力が入って疲弊してしまう気がした。

 

ハッシュタグとかつけて、たいして書けていないものを広めてみて、私にとってはすごく重要なことでも背景を知らない人にはなんだそれ?、で全く響かないって普通に起きると学んだな。

 

共感するところがあれば自分語りでも見てもらえるけど、共感がないと全くなんだな。

特殊と言えば特殊、別にいうほどのことでもない?

 

私が書くものは面白くもないけど、こうやって考えてることを気の向くままにだらだら書くのは好き。書くこと自体が嫌いなわけではないんだな。

そもそも、人はどうでもよくて、自分がどこまでできるかだもんな。