嫌われてもいい、落とされてもいい、自分の全然できないところを見られてもいい。馬鹿にされてもいい、責められてもいい、普通でなくてもいい、普通になってもいい。取り繕わなくてもいい、責任を負わなくてもいい、責任を負ってもいい、他人の顔色を読まなくてもいい、人と一緒にいてもいい、嫌われなくてもいい。首になってもいい、出来なくてもいい、責められてもいい、全然ダメな引きこもりでも人と付き合ってもいいし楽しく会話してもいい。できるちゃんとした自分じゃなくてもいい、それでもちゃんと愛される。自分を出してもいい。人と楽しく会話していい。 

 

できない、という感情を味わってもいい。

 

なんか、風間さんはどんな自分を見せても、たとえ嫌われても、迷惑をかけてしまってもたぶん自分が自分でぶつかっていけば大丈夫な気がして。あまりそこまで自分が信頼する人はいなかったから。 なんなんだろうね、これ。