読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せの帝王学 本田晃一

自分は人に好かれる存在だ、と思い始めるとあり方が自然と優しくなる。 してほしいことは先にしてあげる。 人間関係を楽にするには、嫌うこと、嫌われることにOKを出す。嫌い好きを軽く思う。 断られること、人が不機嫌になること、人が自分に怒ることにOKを…

風間さんが知らない人と会話するのを恐れないのは

風間さんが知らない人と会話するのを恐れないのは、 人との会話の初めに相手を信頼するって決めてしまってるんだろうね。空気が壊れようと何をしようと、大丈夫、みたいな感じで。 とにかくこの人は話が通じる人だっていう前提を自分の中でつくってしまう。 …

アイドルとファン 見る人と見られる人の関係性

mogmog.hateblo.jp mogmog.hateblo.jp

空気使い 自分で自分の空気を作るということ

空気使い ”始めて 浸って 終わる” というリズムを作る 周囲の空気に流されずに、自分自身で空気を生み出せる「空気製造機」になるためには、自分で空気をつくる練習をふだんからしておくといい。他人がいると、どうしても問題は難しくなる。そうではなくて、…

コミュニケーションの仕方 会話

会話のやり取りをテレビやほかの人の会話で学ぶ。どういうふうに言ったらどういうふうに返ってくるのか。 人を褒めることを覚える。 同じことでも他人がプラスになるように言う言い方を覚える。他人にいい気持になってもらえるような言い方。 具体例 風間さ…

言葉にどういう意図を込めるか 他人の言葉の意図を聞くこと 自分の感情の消化

同じ「うるさい、バカヤロー」でも、それを発している人が思っている気持ちは千差万別。字義どおりの意味のほかに、(あまり、ほめるなよ、恥ずかしいだろ)とか(お前も生意気いうようになったな、成長したじゃねーか)とか。 (byブロス 2016年 11月5日発行…

風間さんと自然体 私の会話の仕方

私にとってどこにでもいられる、ってすごく理想なのね。たぶん。どこにでも溶け込めるって。どこからも爪弾きにされないって。風間さんのその感じってなんなんだろうなって思うんだ。たぶん風間さんは自分から中に溶け込もうとしている、しかも自然体で。自…

なんだろうな、私書くのが好きなんだ。自分を分析するのが好きなんだ。別に書くこと自体は嫌いじゃないんだね。いろいろ心理のこととか分析したりするのは好きなんだな。数字で分析とかは嫌いだけど、どうしてこうなるんだろうって考えてもわからないのを学…